大物代理人のスコット・ボラス氏(67)がMLBに対し、6月1日からの162試合制と7月1日からの144試合制の私案を提出したと「ロサンゼルス・タイムズ」(電子版)が伝えた。

 ともにポストシーズンを12月に実施し、ワールドシリーズ第6戦が12月25日のクリスマスに行われるプラン。中止予備日など課題も多い計画だが、ボラス氏は「実行可能だ」と話しているという。