サッカーの「王様」と称される元ブラジル代表FWのペレ氏(79)の実弟、ゼカ氏(本名ジャイール・アランテス・ド・ナシメント氏)が25日に死去した。77歳。現役時代に兄とともにプレーしたブラジル1部サントスが26日に発表した。

 ペレ氏はツイッターで「本当に悲しいことだが、愛された弟がサントスの病院で昨晩亡くなったことをお伝えしたい。天国で神が迎えてくれるだろう」と追悼した。ペレ氏によると、1年以上前立腺がんの治療を受けていた。

 地元メディアによると、葬儀は26日に近親者のみで執り行われたという。