湘南のDF岡本拓也(27)とFW山田直樹(29)が27日、平塚市役所に落合市長を訪ねて葉酸のサプリメント2000個を寄贈した。

 岡本が「未来の命を守りたい」と考え、山田を誘って決めたもの。山田は「ベルマーレは地域の人に支えられている。サプリを寄贈することで皆さんが少しでも元気になってほしいし、少しでも明るいニュースを届けられれば」とあいさつ。岡本も「僕たちに何かできないかと考えて決めた。今後も少しでも社会貢献活動ができれば」と、話した。

 プロ野球・阪神の藤浪らが新型コロナウイルスに感染したことについて山田は「身近に来ているなと思う」と危機感を持つ。岡本も「今まで以上に気を引き締めて注意しないといけないと思った」と、話した。クラブからも26日のミーティングで改めて注意喚起されたが、山田は「当たり前のことを当たり前に、それが大事と言われた」と話した。