◇セ・リーグ ヤクルト―巨人(2020年6月26日 神宮)

 ヤクルトの山田哲人内野手(27)が巨人のエース、菅野智之投手(30)から6回に逆転2ランを放った。

 「2番・二塁」で先発出場。0―1で迎えた6回、無死一塁で入った第3打席で菅野がカウント2ボール2ストライクから投じた6球目のほぼ真ん中148キロ直球を叩いてバックスクリーンへ叩き込んだ。

 今季初勝利を目指す先発左腕・石川雅規投手(40)が6回1失点と力投する中、5試合ぶりとなる今季3号。初回の第1打席は初球を打って中飛、3回の第2打席は空振り三振に終わっていたが、ツバメ党に届ける値千金の一発となった。