◇ウエスタン・リーグ ソフトバンク2−1阪神(2020年6月26日 タマスタ筑後)

 復帰へ、視界は良好だ。右前腕部の張りなどで出遅れていたソフトバンクの千賀が26日のウエスタン・リーグ阪神戦に先発し、6回2安打1失点と好投した。

 「次が(2軍で)ラスト登板と考えたら集中しないと、と思いながら。でも三振が取れるところで取れたし感触は悪くなく、全体に良かった。1軍で戦えないことはないかな」

 打者21人に83球を投げて5奪三振。初回、先頭への唯一の四球で出塁を許し、1死二塁で板山の右前適時打で失点したが2回以降は三者凡退。守備時間も短く、2回は3分、3回は5分、4回は3分、5回を2分と、リズムよく打者3人ずつで料理した。

 直球の最速158キロをマーク。初回と6回に記録した。「変化球も有効だったしバランスもいい感じ。早く1軍でやりたい」。順調にいけば7月3日からの広島3連戦での2軍戦登板後、同7日からの楽天6連戦での1軍合流が見えてきた。