鹿島のGK曽ケ端が独自のコンディション調整法を明かした。

 プロ23年目、チーム最年長の40歳。「ここまで年がいくと、休んだらコンディションを戻すのが大変」と苦笑いするが、自粛期間はチームから提示されたトレーニングメニューをこなしたほか、新たに購入した自転車で自宅付近をサイクリングし、運動機会の確保に努めたという。来週に迫ったリーグ再開を見据え「連戦になるので全員の力が必要になる。僕自身も全試合でいい準備をしていく」と力を込めた。