米男子ゴルフのPGAツアー、トラベラーズ選手権(コネティカット州クロムウェル)に出場していたデニー・マッカーシー(27=米国)が26日、新型コロナウイルスへの感染が判明してこの日の第2ラウンドを棄権した。初日は3アンダーの67で回っていたものの体調不良を訴えて検査を受けたところ陽性反応を示したもので、同ツアーの感染判明者はこれで3人目となった。

 さらに同じ組で回っていたバッド・コーリー(30=米国)もこの日になって「気分がすぐれない」として棄権。第2ラウンドはマット・ウォーレス(30=英国)1人によるラウンドとなったが、同選手は通算2オーバーで予選落ちとなった。

 マッカーシーもコーリーも、この日に約9000人の感染が判明したフロリダ州の在住(マッカーシーはジュピター、コーリーはジャクソンビル)。トラベラーズ選手権では開幕前にブルックス・ケプカ(30=米国)やウェブ・シンプソン(34=米国)を含む計4選手がキャディーや家族の感染判明を受けて欠場を表明し、キャメロン・チャンプ(25=米国)は検査で陽性反応を示したためにプレーを断念していた。