◇セ・リーグ 巨人―ヤクルト(2020年6月27日 神宮)

 5回までヤクルト先発・小川に封じ込まれていた巨人だが、6回に岡本とパーラの本塁打で逆転に成功した。

 ヤクルト2点リードの6回、先頭で打席に入った岡本は、カウント1―0から真ん中低めの直球をセンター方向へ。高々と上がった打球はバックスクリーンに飛び込む3号ソロとなった。

 4番の一振りで1点差に迫ると、1死一塁からパーラが初球の内角へのカットボールをうまく捉えて右翼へ3号2ラン。ここまで小川を打ちあぐねていたが、主砲と助っ人の一振りで試合をひっくり返した。

 さらに大城が左越え二塁打を放つと、田口が左中間真っ二つの適時二塁打で追加点。この回4点目を奪い、小川をマウンドから引きずり下ろした。

 ▼巨人・岡本 打ったのは真っすぐ。先頭だったので、なんとか塁に出ることだけを心掛けました。打てて良かったです!

 ▼巨人・パーラ どんな球がきても、しっかりミートすることを心がけました。内ぎみのカットボールだったがうまく打つことができたね。投手も頑張ってたから、逆転できてよかった。