◇セ・リーグ 中日―広島(2020年6月27日 ナゴヤD)

 中日・ビシエドが“パワー”で今季本拠地初アーチを放った。

 5―1の7回無死走者なしで1ボールからの2球目を振り抜くと、打球は三塁ファウルゾーンへ高々と上がった。ビシエドのパワーによって打ち上げられたファウルフライは勢い衰えずナゴヤドームの天井を直撃。捕球体勢に入っていた三塁手・メヒアは天井直撃により打球方向が変わったため、慌てて三塁ベース付近へ逆戻りしたが間に合わず、捕球し損ねた。

 “打ち直し”となったビシエドはその後、3ボール1ストライクから今村の内角直球を2号ソロ。この打球も高く上がったものの中堅席へ一直線。「高く上がったからホームランになるかどうか分からなかったけれっど、入ってくれて嬉しいね。グッドスイングができたよ」と振り返った。