◇セ・リーグ DeNA―阪神(2020年6月27日 横浜)

 来日初勝利を狙ったDeNA先発・ピープルズは5回7安打5失点で降板した。

 初回に1死から連打でピンチを背負い、マルテの右犠飛で先制の1点を献上。さらにボーアに左前適時打を許した。

 その後の4回までは無失点だったが、1点をリードしてもらった直後の5回、糸原の適時打で同点とされると、さらに1死一塁で糸井に勝ち越しの2ランを被弾した。

 来日初登板となった20日の広島戦は6回1失点の好投。「自分の長所を出すことを考えたい」と臨んだが、再び白星は手にできなかった。