サートゥルナーリアは金鯱賞のパドックでゆったりと歩けていた。身のこなしの柔らかさが印象的。3歳時のダービーでは返し馬に向けて徐々にテンションが上がっただけに、直前気配はチェックしたい。ラッキーライラックは牝馬とは思えない雄大な馬格。大阪杯は後肢を踏みしめるように力強く歩いていた。クロノジェネシスは牝馬らしく、バネの利いた活気のある周回。キセキは気合を乗せてキビキビ歩くのが好調時の姿。ブラストワンピースは輸送で絞れるタイプ。前走時よりもシェイプアップでの出走なら理想的だろう。