ラッキーライラックは角馬場で乗ってからCWコースで調整。適度に気合が乗りつつも、しっかり抑えが利いて絶好の気配を漂わせた。松永幹師は「柔らかみがあって、いい感じ。丸内(助手)に聞いたら、反応が凄く良くなっているようだ。合図を送れば、はじけそう。その中でも、ゆったり走れているし、いいんじゃないかな」と納得の表情だった。しっかりと戦闘モードに入っている。