カデナは角馬場から坂路(4F66秒3)で調整。柴田助手が「毛ヅヤが良くて、張りがある。元気がいい」と胸を張るコンディションだ。前走・大阪杯では内々から伸びて4着。上がり33秒5は最速だった。「狭いところからよく頑張った。最近はしっかり脚を使う。ジョッキーとも合っていると思う」。鮫島駿との相性の良さを武器に激走だ。