◇女子ゴルフツアー アース・モンダミン・カップ第3日(2020年6月27日 千葉県 カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72)

 ツアー初優勝を目指す田中瑞希(21=フリー)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算11アンダーで首位を守った。優勝すれば「黄金世代」10人目の優勝となる。3打差の2位には「ミレニアム世代」の古江彩佳(20=フリー)と、18歳のルーキー、西郷真央(大東建託)が並び、今季初戦の最終日最終組はフレッシュな顔ぶれとなった。昨季の賞金女王、鈴木愛(26=セールスフォース)は通算7アンダーの4位。虎視眈々(たんたん)と逆転優勝を狙う。

 “ミレニアム世代”の古江がこの日ベストの66と伸ばし、25位から2位に躍り出た。ボギーなしの6バーディーを奪い、「全体的に安定したゴルフができたところが良かったです」とうなずいた。

 昨年10月の富士通レディースでアマチュア優勝を飾り、プロに転向。今季、本格参戦1年目を迎えた世代の実力者だ。オフに重点的に取り組んだのが、苦手意識があったというアプローチ。8番パー5で残り62ヤードを58度で2メートルに寄せ、「距離ぴったしで凄く良かった」と自信を口にした。

 初日は82位と出遅れたが、「徐々に集中力が高まってきた」と尻上がりに調子を上げている。富士通レディース以来の最終日最終組。「(優勝は)意識しないで自分の一打一打に集中したい」。その先に自身2勝目、そしてプロ初優勝がある。

 ◆古江 彩佳(ふるえ・あやか)2000年(平12)5月27日生まれ、兵庫県出身の20歳。3歳からゴルフを始め、昨年10月の富士通レディースでは史上7人目のアマチュアV。昨季はプロ転向後、4試合中トップ5入りが2度。1メートル53、54キロ。血液型O。