◇女子ゴルフツアー アース・モンダミン・カップ最終日(千葉県・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72)

 千葉県のカメリアヒルズCCで28日に行われる予定だったアース・モンダミン・カップの最終ラウンドは、悪天候のため29日の月曜日に順延となった。同日午前8時より、最終ラウンドがスタートする。

 月曜日決着は、1997年に兵庫県の東広野GCで行われた国内メジャーの日本女子オープン以来23年ぶり。同大会では台風の影響で第3ラウンドが中止となり、同年6月30日に1打差首位から出た岡本綾子が73で回り通算7オーバーで4年ぶりの優勝を果たした。

 日本女子プロゴルフ協会によると、メジャー競技以外での月曜日決着はツアー史上初となる。月曜日に予備日が設けられている他大会はあるが、72ホールを競技成立の条件としているのはメジャー競技(日本女子オープン、日本女子プロ選手権)以外では今大会のみ。

 第3ラウンドを終えた時点では通算11アンダーの“黄金世代”田中瑞希(21=フリー)が単独首位に立ち、3打差の通算8アンダーで“ミレニアム世代”古江彩佳(20=フリー)と18歳のルーキーの西郷真央(大東建託)が2位につけている。大会の模様はインターネットで生配信されるが、チャンネル数はこれまでの4つから1つに集約される。

 コロナ禍により、112日遅れで幕を開けた国内女子ツアー。メジャー以外では史上初となる月曜日決着で、今季1人目の優勝者が決まる。