東京5R新馬戦(芝1600メートル)は、2番人気ロードマックス(牡=藤原英、父ディープインパクト)が不良馬場の中で快勝した。好スタートから先行し、3コーナーでハナに立つと、直線では外めの馬場から力強く伸びて押し切った。

 「ゲートすんなり出て、いいスタートだった。こういう馬場でもしっかり頑張ってくれました」と岩田望。藤原英師も「ディープ産駒だけど、勝てたことが良かった。ジョッキーが指示通りよくやってくれた」と笑顔をみせた。

 レース直前に2頭が放馬し、5分遅れでの発走となった。