◇セ・リーグ 巨人12―0ヤクルト(2020年6月28日 神宮)

 巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)はヤクルト戦で先発して、6回3安打無失点。4四球を出すなどピンチを背負う投球となったが粘りを見せて、今季2勝目をマークした。

 来日初勝利を挙げた21日の阪神戦以来、今季2試合目の登板。初回から2死一、二塁とピンチを迎えるも無失点で立ち上がりを終えた。その後も走者を背負ったが要所を締め、味方打線の強力援護も受けて白星を挙げた。

 サンチェスは先発して2戦2勝。試合後には「とれもうれしい。チームで一丸となって勝ててよかった」と安どの表情を見せた。

 前回登板は5回2/3を1失点でマウンドを降りた。今回は、しっかりと6回を投げ切ったが「まだまだ現状に満足せず、もっと長いイニングを投げられるように上達していきたい」と意気込んだ助っ人右腕。「チームがチャンピオンになれるようにみんなで頑張っていきたい」と前を見据えた。