トラロックエンターテインメント株式会社は28日、プロボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(24)とマネジメント契約を結んだと発表した。今後、国内外の活動に関してサポートするという。同社にはWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31=Ambition GYM)や元WBC世界フライ級王者でタレントの内藤大助(45)、プロフィギュアスケーターの織田信成(33)らが所属している。

 比嘉は2017年5月、日本人初の全戦全勝全KOで世界王座を獲得。18年2月にはで15試合連続KO勝利の日本記録に並んだが、同年4月のV3戦で計量に失敗し、王座を剥奪された。日本ボクシングコミッションから科されたライセンス無期限停止処分は昨年10月に解除され、今年2月に6回TKO勝ちで再起を飾ったが、3月には所属していた白井・具志堅ジムと契約更新しないことを発表している。現在はWBC世界バンタム級8位にランクされており、30日にリモート会見を開き、今後について発表する。