東京6R新馬戦(ダート1400メートル)は好位から抜け出した4番人気ニーヨル(牡=畠山、父シニスターミニスター)が、2着ベネフィサンスを2馬身突き放して快勝した。「2着馬が並んできても余裕があったし、まだ物見をしているくらいで楽な競馬だった。しっかり調整して動きも良かった。今日の感じなら先々がかなり楽しみ」と柴田大。次走について畠山師は「ダートの番組がないので、ひと息入れて考えたい」とした。