復活を告げる銀メダルには名手の技術の粋が尽くされていた。6番人気キセキが長く脚を使って2着。勝ったクロノジェネシスには突き放されたものの、3着のモズベッロに5馬身差をつけて、昨年の宝塚記念(2着)以来となる連対圏を確保。武豊は満足そうにレースを振り返った。

 「折り合いがついたし、道中はいい感じ。勝ちパターンやったけど、勝った馬が強かったね。でも、久々にこの馬らしい競馬ができた。これぐらいの距離も合ってるんじゃないかな」

 課題のスタートはやや遅れたが、これは武豊の“作戦”だったのかもしれない。他馬の影響を受けやすい性格を考慮し、道中は大外を回す形。徐々にポジションを上げると、勝負どころはクロノジェネシスを見る形で進出した。前走の天皇賞・春(6着)に続く2回目のタッグで全能力を引き出した2着。秋のローテは未定だが、3年前の菊花賞以来となるG1制覇へ、グンと弾みがついたことは間違いない。