バレーボール女子日本代表として12年ロンドン五輪銅メダルを獲得した新鍋理沙(29=久光製薬)が29日、オンラインで引退会見を開いた。白いワンピース姿で会見場に登場した新鍋は「ロンドン五輪がバレー人生で大きな経験だった」と11年間の現役生活を振り返った。

 全日本の主力メンバーが惜しまれつつもコートを去る。今年4月下旬、何年も痛みを抱えていた右手人さし指を手術したことに加え、東京五輪の延期が引退の引き金になった。「(五輪が)延期にならなければ頑張りたいという気持ちはあった。(けがもあって)1年後に納得できる姿を想像できずに今回の決断に至りました」と苦しい胸の内を明かした。

 今後もバレーボール界には携わっていくつもりだといい「バレーを通じて多くの経験をさせてもらった。学んだことを生かして恩返しをしていきたい」と抱負を語った。