バレーボール女子日本代表として12年ロンドン五輪で銅メダルを獲得した新鍋理沙(29=久光製薬)が29日、オンラインで引退会見を開き「バレー人生の中でロンドン五輪が大きな経験だった」と振り返った。

 4月下旬に何年も痛みを抱えていた右手人さし指を手術したことに加え、東京五輪延期が引き金に。「絶望。1年はとても長く感じた。(五輪が)延期にならなければ頑張りたいという気持ちはあった。(ケガもあり)1年後に自分が納得できるプレーが想像できなかった」と胸の内を明かした。今後もバレーボール界に携わっていく意向で「バレーの魅力やチームスポーツの素晴らしさを伝えていきたい」と語った。