バルサの願い 連盟が却下

バルサの願い 連盟が却下

スペインサッカー連盟の上訴委員会はマラガ戦の退場によって、ネイマールに下された3試合の出場停止処分の軽減を求めたバルセロナの訴えを棄却した。

今週木曜日、マドリードで会合を行った委員会のメンバーは4月10日に大会委員会によって発表された処分内容(ピッチを去る際に主審のヒル・マンサーノに拍手を送ったネイマールの審判に対する敬意の欠如を理由に3試合の出場停止処分が下す)を承認する事を決めた。

具体的にネイマールは退場を理由に1試合、審判への敬意の欠如を理由に2試合の出場停止処分を受けた。
バルサは日曜日のクラシコでネイマールを起用できる可能性を徹底的に模索する意向を持つため、スペインのスポーツ仲裁裁判所(TAD)に不服の申し立てを行うだろう。

クラブは処分の暫定的な停止を要求するためにTADに訴えを起こす。
もしTADがその訴えを認めた場合、ネイマールはサンティアゴ・ベルナベウのクラシコに出場する事ができるだろう。

関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索