エスパニョール 賠償金4億受理

急性心筋梗塞により急逝したDFハルケ。死後、エスパニョールが『Syndicate2468』や『Lloyds』、『Munich RE General Services』など複数の保険会社を相手取り、裁判を起こしていた。しかし、2014年に原告の訴えは退けられた。

【関連記事:ネイマール違約金 リーガ拒否】

当時会長のジョアン・コレット率いる上層部は、裁判の訴えを起こし、司法部のアルベルト・ガロフェに力により最高裁判決に持ち込むことに成功した。

メディア『Pericos Online』は最高裁判決によりエスパニョールの訴えが認められ、300万ユーロ(約3億9,000万円)の支払いが命じられると伝えている。
この判決に対し、被告側は最高裁判所で争うことが可能であるが、今後もエスパニョールに有利な判決が出るものと予想されている。
DFダニ・ハルケは2009年の8月18日にイタリアでのプレシーズン遠征中に急逝した。

関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索