ネイマール父憤慨 ボーナス無

ネイマール父憤慨 ボーナス無

ネイマールの父は4日、アスルグラナの機関が息子の契約更新で取り決められていた2,600万ユーロ(約33億8,000万円)のボーナスを支払わなかったため、バルサのディレクターと気が済むまで話をした。

【関連記事:ネイマール古巣 18億円要求】

「もし彼らが話したことを尊重しないなら、私は書かれたことを尊重しない」と『El Partidazo de COPE』のマイクに向かって発言した。

「バルサは考えたことをしなくてはならない。しかし、私は私たちが話したことを知っており、一人一人の目を見ることができる。バルサが私たちに言ったことを私は知っている」と言い足した。

PSGの選手となったネイマールの父は、「私はバルサ側だった。ネイマールが残るように説得を試みていたが、ディレクターの取った態度が、私の考えを変えた」とも付け加えた。

ネイマールの父は、前の扉に開けるためとバルサを去った彼の息子に対してリスペクトを求めた。
「彼の望んでいた場所にいる。挑戦を受け入れ、快適に過ごしている。彼には選ぶ権利があった。私の息子は幸せで満足しており、巨大な挑戦を選択した。彼をサポートしなければならない。」

「彼の望んでいた場所だ。快適な場所にいたが、彼は話を聞きたい人たちから話を聞き、この挑戦を受け入れた。彼には選ぶ権利があった。私たちは、選択するために十分な時間を望んでいた。中国から戻った時に、彼は決断を下した。そして、私たちはそのことをバルサに伝えた」とコメントした。

ネイマールの父にとって、チームの変更は個人的な選択だ。
「彼が求めていたのは、目的地の変更だと思う。この事を一つの文章でまとめることはできない。この変化のためにさまざまな感情がある。とても難しい選択だった。私が息子の立場だったら、何をする?誰に言う?残っていたか?ほっとかないでくれと私は言うだろう。
バルサには主役がいる。それはいつも同じでいるだろう。レオ・メッシは、ネイマールのアイドルであり、彼に愛情や尊敬の気持ちを抱いていたため、ネイマールにとってメッシへの嫉妬が問題ではない。彼はメッシの代わりにはなりたくない。レオはアイドルであり、ネイマールは彼の道を選び、やって来た挑戦を受け入れなくてはならないだろう。私の息子はよくやっている。彼は勇敢さと尊敬の気持ちを持っている。彼の道を進み続けなくてはならない...」

「PSGに行ったのは、バロンドールを獲得するためと考えるのはどうかしている...危険もある。なぜPSGでバロンドールを獲得する保証があると考えているのか?そのように考えるのはどうかしている」とも付け加えた。

関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索