バルサ 悲劇のシャペコ粉砕

バルサ 悲劇のシャペコ粉砕

FCバルセロナがシャペコエンセを破り、第52回ジョアン・ガンペール杯を制している。

積極的な立ち上がりを見せるバルサがシャペコエンセに襲いかかり、デウロフェウが決めた5分の先制ゴール(1-0)を前にメッシとルイス・スアレスもチャンスを掴んでいた。なお、この試合でデウロフェウはネイマールのいなくなった左ウイングをプレーし、メッシとルイス・スアレスと共にバルサのトリデンテを構成している。

【関連記事:デウロフェウ 名手とFK対決】

■デウロフェウ、ゴールとアシスト
デウロフェウは先制ゴールに加え、2ゴール目をアシストしている。サイドで受けたボールをピッチ中央のブスケツにパスすると、ブスケツがエリア外から華麗なミドルシュートでネットを揺らしている(2-0)。

シャペコエンセもパウリスタがバルサゴールに襲いかかり、シュートを放つも、これはゴール脇に外れている。一方で27分にはデウロフェウがサイドからゴール前に折り返し、メッシがゴールを決めている(3-0)。しかし、GKエリアスはシャペコエンセに救世主となる大活躍を見せており、特にルイス・スアレスは同選手に頭を悩まされた選手の代表格である。

■デニス・スアレスもネイマールの代役候補
監督バルベルデはハーフタイムにテア・シュテーゲンに代えてシレッセン、デウロフェウに代えてデニス・スアレスを投入するのみに交代をとどめている。そして、デウロフェウに代わり、ネイマールの抜けたポジションを務めたデニス・スアレスはデウロフェウとは違ったプレースタイルで輝きを見せている。
デウロフェウが縦へのオプションを与えた一方で、デニス・スアレスはチームに中盤でのコントロールを与えており、監督がどちらを選ぶかにここはかかってくるだろう。

なお、後半に入ってもバルサは攻撃の手を緩めることはなく、ついにルイス・スアレスが待望のゴールを決めている(4-0)。

■試合終盤
試合終盤に入りバルサのペースは落ちたものの、ゴールを狙い続け、試合を支配し続けた。そして、デニス・スアレスがメッシのアシストから5ゴール目を決めている(5-0)。

その後、監督バルベルデは7選手を一気に代え、投入されたセメドがエリア内で倒されてPKを獲得するもアルカセルが放ったシュートはアルトゥールに阻まれ、5-0で試合を終えている。

関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索