現ベルギー代表監督が明かす “マドリー監督事情 ”

現ベルギー代表監督が明かす “マドリー監督事情 ”

現時点でレアル・マドリーの監督はソラーリだが、ジュレン・ロペテギを解任した後、フロレンティーノ・ペレスとクラブ幹部達はロベルト・マルティネスを第1オプションに考えていたようだ。

テレビ番組『El Chiringuito』の中でエドゥアルド・インダが語った内容によると、彼はもしプラットフォーム“Guanyarem”との関係性がなければ、マドリーの新監督に選ばれていたという。

ロベルト・マルティネスは2015年9月にこのキャンペーンを支援した人物の1人だった。
“Guanyarem(我々は勝つ)”は自治体のスポーツをサポートするためにカタルーニャのアスリートたちによって開始されたキャンペーンである。

そのキャンペーンを理由に数百人のカタルーニャのアスリート達がカタルーニャ代表のオフィシャリティやカタルーニャオリンピック委員会の認知を追求するために結束した。

その他にペップ・グアルディオラ、チャビ・エルナンデス、ジェラール・ピケもそのプラットフォームをサポートしている。

インダはそのプラットフォームとの結びつきがフロレンティーノとクラブ・ブランコの幹部達がロベルト・マルティネスの招聘に踏み切る事を思いとどまらせたと主張した。


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索