ロイス「最初の敗北であり、当然の報い」

ロイス「最初の敗北であり、当然の報い」

ボルシア・ドルトムントのドイツ人ストライカー、マルコ・ロイスはアトレティコ・マドリードに2-0で敗れた後、UEFAのインタビューに応じた。 

「今日は開始20分、ゲームをコントロールし、ポゼッションも高かったが、先制点を決められて以降は異なる試合になった」 

このようにロイスは前半33分のサウル・ニゲスのゴールが試合の流れを変え、ドルトムントがそれ以降リズムを崩した事を認めた。 

「これは我々の最初の敗北であり、当然の報いだった。アトレティコは多くのチャンスを与えてくれない」 
このように締めくくった。 


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索