マウコム「バルサでの歴史が始まる」

マウコム「バルサでの歴史が始まる」

自身のCLデビューとなったインテル戦で、加入後初ゴールを記録したFCバルセロナ所属FWマウコム。カタルーニャラジオの番組『Tot Costa』に出演し同試合を振り返るとともに、エルネスト・バルベルデのチームにおけるスタメンの座を諦めることはないと繰り返し強調した。「バルサは世界最高のチームで、簡単なことではない。自分は努力するのみだ」 

「あのゴールによって出場時間が増えるかどうかは分からない。けれど僕はチームの中での居場所を探し続けるだろう。偉大な選手が揃っているから、攻撃陣でスタメンになるのは難しい。本当に良いグループだし、難しいんだ。根気よく待たなければいけない。戦い続けて、バルサでたくさんの成功を収めると思う」 

監督エルネスト・バルベルデとは試合後、特に話していないとしつつ、バルベルデはマウコムに対し、特にディフェンス面での改善を求めているという。「(ディフェンスを)やらなきゃいけないということは分かっている。出場時間を得るため、いくつかの点で改善しようと試みているんだ。最後に決めるのは監督だけど、僕は自分の居場所を見つけるために努力を続けるよ」 

■インテル戦のゴールは永遠に 
マウコムにとって、CLデビューとなったインテル戦でのゴールは忘れられないものになったという。「小さい頃からここでプレーすることをずっと夢見てきた。チャンピオンズでデビューしてゴールを決めるなんてエモーショナルなことだよ。このクラブにおける僕のヒストリーが始まったんだ」 

さらに、マウコムはこの試合のユニフォームを保管し、チームメート全員が祝福してくれたことを明かした。「これは始まりに過ぎない。自分にとってより重要なのはチームだ。僕たちはとても団結している。僕のことをみんなが喜んでくれたのは信じられなかったよ。このチームにおいては、1人の幸せは皆のものなんだ」 


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索