肘打ちラモスが相手FWに謝罪

肘打ちラモスが相手FWに謝罪

レアル・マドリーのキャプテン、セルヒオ・ラモスはチャンピオンズリーグのヴィクトリア・プルゼニ戦で論争を呼ぶアクションで再び主役となった。レアル・マドリーのキャプテンはハヴァルに対して肘打ちを食らわせ、同選手は大量の鼻血を出し、途中交代を余儀なくされた。 
セルヒオ・ラモスはそのプレーで罰を免れたが、試合終了後に個人的に謝罪を試みた。 

「私は今まで一度も仲間を傷つけようとした事はない。私は自分を批判する人々に答える人にはならないだろう。私はピッチで話す事ができる幸運を持つ。仲間を傷つける意図なんて全くない。私は試合後に彼と話しに行ったが、彼はいなかったのでメッセージを送った。」 
レアル・マドリードのキャプテンはミックスゾーンでそのように語った。 

その後、セルヒオ・ラモスはSNSにもミラン・ハヴァルに向けたメッセージを投稿した。 
「続けるため、そして学ぶための勝利。サッカーは常に物事を教えてくれる。今日、私は交錯シーンであのように出るべきではなかった。傷つける意図はなかった。早く良くなってくれ!」


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索