ベンゼマ “セックステープ”恐喝容疑で再び出廷か

ベンゼマ “セックステープ”恐喝容疑で再び出廷か

パリ控訴院は8日(木)、カリム・ベンゼマ他5名の裁判の中止の訴えを退けた。
“セックステープ事件”と名付けられたこの一件で、ベンゼマ他容疑者らは元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナへの恐喝の件で起訴されている。

ベンゼマやそのほかの容疑者の弁護士らは、警察の覆面捜査官の捜査方法に問題があったとし裁判の無効を訴えていた。

ベンゼマの弁護士を務めるシルヴァン・コルミエは検察側への訴えが退けられたことについて遺憾の念を表明している。

パリ控訴院は検察側の言い分を認め、警察側が犯罪の発生を容易にしたという事実は無いとし、裁判の続行を判決した。こうしてベンゼマは引き続き容疑者として今後裁判所に再び出廷を命じられる可能性がある。


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索