母国でも心配『危険な状態にあるデンベレ』

母国でも心配『危険な状態にあるデンベレ』

ウスマン・デンベレの状況を心配しているのはFCバルセロナだけではない。彼の母国であるフランスでも、将来有望な選手の一人であるデンベレの将来に関する質問が飛び交っている。

“危険な状態にあるデンベレ”このような見出しをつけたフランス紙『L'Équipe』は、デンベレの行動が、バルサの信頼を失っていることを強調した。

このように、アスルグラナのクラブはもう、来夏の移籍を強調してはいない。既に同紙内では、彼の代理人やエリック・アビダルの証言が報じられている。

権威あるフランス紙によると、デンベレの行動はクラブの幹部を怒らせるだけでなく、彼のチームメイト達も怒らせているようだ。ルイス・スアレスの言葉にあるように、シーズン序盤のフランス人のプレーには熱中させられたが、数ヶ月経った現在はお手上げ状態のようである。

最も楽観的なコメントを残したエリック・アビダルは、「しっかりとトレーニングに励んでいるウスマンを非難することは何もない」とし、素晴らしいシーズンを送ることを確信している。

デンベレの代理人であるムサ・シソコもまた、チームに適応できていないことを否定し、もし彼らのリアクションがない場合、バルサ以外のチームを見つけるよう仕向けるつもりはないと、これまでに何度か強調している。


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索