スアレスとメッシを関連付ける謎データ

スアレスとメッシを関連付ける謎データ

ルイス・スアレスとレオ・メッシはバルサが誇るストライカーだ。2014年の夏にスアレスがバルサに加入して以来、メッシと公私ともに固い絆を結び、同クラブの黄金時代を築いてきた。“9”番と“10”番は共にアシストを重ね、数々の魔法のようなゴールを実現した。

スアレスがメッシと共にプレーすることでその才能をより開花させたことは疑いが無い。
メッシも同様に、単独でもあらゆるプレーが可能ではあるが、スアレスのたゆまぬサポートのお陰で力を発揮できるのだ。

しかしながら今シーズン、メッシが負傷により不在の間、ルイス・スアレスのゴール記録は上がっている。メッシと共にプレーした試合でスアレスは330分に1度ゴールを決めるだけだったのに対し、相棒が不在の期間、スアレスのゴール数は80分に1回と飛躍的に向上しているのだ。

例えば先日のクラシコでスアレスがハットトリックを決めたことは記憶に新しい。メッシが不在であるゆえに、スアレスは必死に戦い圧倒的な活躍を見せた。またこの試合でマドリー前監督ジュレン・ロペテギの解任が決定された。なお、クラシコの翌週に開催されたラージョ戦においてもスアレスは好調をキープしドブレーテを決めている。


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索