スペイン代表監督エンリケ 3選手をデビューさせる

スペイン代表監督エンリケ 3選手をデビューさせる

スペイン代表の指揮官であるルイス・エンリケ・マルティネスは、エスタディオ・グラン・カナリアで行われたボスニア・ヘルツェゴビナ代表との親善試合の中で、3選手をデビューさせた。

ルイス・エンリケは、センターバックのマリオ・エルモソ、ゴールキーパーのパウ・ロペス、そしてミッドフィールダーのブライスにチャンスを与えた。

パブロ・フォルナルスは、ちょうど2年以上前に行われたボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦で代表デビューし、7分間試合に出場しており、今回が久々の招集となった。

エスパニョールに所属するマリオ・エルモソは、デビューを果たした3選手の中で唯一、先発出場を果たした。マドリー出身の選手はディエゴ・ジョレンテとコンビを組み、ディフェンスラインの軸として、90分間プレーした。

■夢見たデビュー
後半に入り、スペイン代表の指揮官はセルタ所属のブライス・メンデスと、ベティスのゴールキーパー、パウ・ロペスにチャンスを与えた。ブライスにとって夢のようなデビュー戦となった。ピッチに投入されてから19分後に、勝利を導く決勝ゴールを決めたのであった。

ブライスはスソに代わって、59分に投入された。その5分後に指揮官エンリケは、マドリー所属のダニ・セバージョスに代えて、パブロ・フォルナルスを投入している。彼の場合は、デビューではなかったが、A代表での2試合目の出場となっている。

そして最後に、ゴールキーパーのケパに代わって、カタルーニャ人のパウ・ロペスが75分からゴールマウスを守り、デビューを飾った。


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索