ボスニア・H代表監督「スペインは世代交代の最中」

ボスニア・H代表監督「スペインは世代交代の最中」

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の監督ロベルト・プロシネチキは、スペインが世代交代の最中だと考えており、その難しさも理解している。

しかし、数年前にヨーロッパで圧倒的な力を見せたパフォーマンスレベルを取り戻すことを確信している。

過去にレアル・マドリーやFCバルセロナなどのチームでプレーしたプロシネチキは「彼らは世代交代の最中であり、我々はみんなそれを知っている。間違いなくいいチームだ。そして、彼らは、再び高いレベルのチームとなるだろう」と語っている。

そして、監督プロシネチキは、スペインのグラン・カナリアで行われたスペイン対ボスニア戦(1−0)に満足していることを強調しており、その理由として前半のパフォーマンスと自陣のエリアでほとんど決定的なチャンスを作らせなかったことを上げている。

一方で後半に関しては「スペインがより優れたプレーを見せて勝利を収めている。怪我人も多く、限られたメンバーでの戦いが強いられた中で行われた試合内容に私は満足している」と説明している。


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索