F・トーレス 18年間のキャリアに終止符「全てのサポーターへ感謝」

F・トーレス 18年間のキャリアに終止符「全てのサポーターへ感謝」

2019年8月23日(金)、フェルナンド・トーレスが現役引退を迎えた。現役生活最後の試合となったJ1リーグ、ヴィッセル神戸(1-6●)戦の後、トーレスの引退セレモニーが行われ、2万人以上のサッカーファンが彼の18年間の功績を称えた。

同セレモニーの冒頭には、トーレスが共にプレーしたなかで“最も優れていたフットボール選手”と明かす元リヴァプールMFスティーブン・ジェラードからもメッセージが寄せられた。

その後、2001年5月27日のデビューから18年間のトーレスの功績を称える映像が大型スクリーンに映し出された。

そしてトーレスは、日本や世界中のフットボールファンへ向けてッセージを送った。
トーレスは日本語で、「こんばんは」と挨拶し、「1つずつ気持ちを伝えていきたい」と話し始めた。

まずはサガン鳥栖の社長である竹原稔氏へ感謝の意を述べた。
「竹原社長、私がここに来るという可能性を広げてくれて、わさわざマドリードに足を運んで説得をしてくれた。感謝しかない」

続いて、約1年2ヶ月を共に戦ったサガン鳥栖のサポーターとチームメイトへ言葉を贈った。
「皆様には、熱い気持ちをクラブに対して持ってくれてありがとう。将来、大きなプランがあることを知っておいてほしい」

「チームメイトの皆、ここに来た初日から、温かく、寛大に迎えてくれてありがとう。昨年、降格寸前でも、努力を続け、前向きな態度でいてくれて、ありがとう。私は皆から多くのことを学んだ。皆も私から学んでいてほしい。将来、このクラブのために、一緒に進んでくれたらと思う」

日本のファンに対しては、「日本の皆さん、本当に私たち家族を迎えてくれてありがとう。日本という素晴らしい国があることを知っておいて下さい。皆様の常に周りに対するリスペクトがあり、それを向けてくれたということは、人生において忘れることはない。また日本で美味しいものを食べたり、楽しい生活を送りたいと思っている」

引退後もサガン鳥栖のアドバイザー職を請け負うトーレスはクラブの未来について、「クラブと社長とともに、クラブが一歩ずつ良くなるために、いつの日かチャンピオンになるために働きかけていきたい。クラブのために、クラブが大きくなるために、グラウンドの外から支えていきたい。力になりたい。最後の最後まで全てにありがとう。これからもクラブと関係を持ち、繋がり、支えていきたい」と語った。

そしてトーレスは、常に寄り添ってくれる家族へ感謝を示した。
「私にとって大切なものは、家族。日本という国に偉大なる家族がいることは誇り。支えてくれて、助けてくれてありがとう」

最後に世界中のサッカーファンへ「全てのサポーターへの感謝を伝えたい。本当にありがとう」と締めくくった。

現役生活18年間、公式戦767戦262ゴール。スペイン代表として2008年欧州選手権、2010年南アフリカW杯、そして2012年欧州選手権の優勝に貢献したフェルナンド・トーレスがスパイクを脱いだ。


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索