スペイン代表、アディショナルタイムに同点弾献上で連勝ストップも“ある類”の歴史を築く

スペイン代表、アディショナルタイムに同点弾献上で連勝ストップも“ある類”の歴史を築く

オスロでノルウェー代表と対戦したスペイン代表は後半立ち上がりにサウール・ニゲスのゴールで先制したが、アディショナルタイムにGKケパがPKを献上。これをジョシュア・キングに決められて1-1で引き分けた。連勝を6で止められたスペインだったが、ある類の歴史を築いている。


それはスペイン代表史上初めて異なるクラブに所属している11人のスターティングメンバーで試合を戦ったことである。


『Onda Cero』の『Mister Chip』によって分析されたデータでは、99年間にわたる699試合でスペイン代表が最も多様なチームで試合に臨んだことを示した。


チェルシーの選手であるケパからバレンシアのロドリゴ・モレノまで全選手が異なるチームに所属している。以下がそのスターティングイレブンである。

■GK
ケパ・アリサバラガ(チェルシー)
■DF
ヘスス・ナバス(セビージャ)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
ラウール・アルビオル(ビジャレアル)
フアン・ベルナト(PSG)
■MF
セルヒオ・ブスケツ(FCバルセロナ)
サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)
ファビアン・ルイス(ナポリ)
■FW
ダニ・セバージョス(アーセナル)
ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)
ロドリゴ・モレノ(バレンシア)


この試合はクラブだけでなくセルヒオ・ラモスにとっても歴史的なものとなった。彼は自身とイケル・カシージャスが持つスペイン代表最多キャップ167を更新し、168試合出場という記録を築いている。

乾貴士、久保建英、香川真司ら出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部はWOWOWで。
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る