スラヴィア・プラハ主将 バルサ戦へ想いを語る「凄まじいFWが3人いるが...」

スラヴィア・プラハ主将 バルサ戦へ想いを語る「凄まじいFWが3人いるが...」

SKスラヴィア・プラハの監督インドジフ・トルピショフスキーの絶大な信頼を受け第一主将を務めるMFトマーシュ・ソーチェクは、チェコ代表のスターでもある。


19日のインタビューでソーチェクは欧州CLグループステージのライバルであるFCバルセロナについて次のように語っている。
「バルサの試合(エイバル戦)は見なかった。しかし彼らを深く分析する必要はない。バルサは世界最高のクラブの一つだ。バルサでプレーしたくない選手なんているだろうか?彼らは世界トップ3の一つだ」


「どんな手で来るのか、どういった戦術で来るのか見てみよう、しかし我々も十分準備して、彼らを相手に見事に戦って見せる」とソーチェクは語っている。


チェコリーグで向かうところ敵なしのSKスラヴィア・プラハ(第13節時点で11勝2引き分け)にとって欧州CLは今回が2度目の出場である。グループステージ初戦のインテル戦では1-1と引き分け、第2節のドルトムント戦では0-2で敗北を喫している。


■プレミアリーグへの憧れ
好きなリーグはとの質問に、ソーチェクは次のように語った。
「僕はリーガよりプレミアリーグの方が好きだが、マドリーとのライバル争いが面白いからバルサをフォローしている。バルサはおそらくリーガで最も魅力的なクラブだ」


またソーチェクは主将であるレオ・メッシとのペナント交換について次のように語った。
「彼とペナントを交換できたら嬉しいだろう。我がチームは既にドルトムントやインテルと戦っているが、バルサは偉大な選手であふれている。信じられない程すごいフォワード3人がいる。我々はプレーを楽しむだけじゃなくて、勝ち点3を奪いに行く」


ソーチェク率いるスラヴィア・プラハは日本時間24日(木)4時にホーム、シノボスタジアムにバルサを迎える。

乾貴士、久保建英、香川真司ら出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部はWOWOWで。
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る