クリスティアーノ・ロナウドのサッカー選手としてのキャリアの成功の鍵の1つは、彼の食習慣である。

ユヴェントスのストライカーは1日に6回食事をする。主にメカジキやツナ、タラなどの魚が彼の主食となっている。それの他に鶏肉も多く摂取している。鶏肉には低脂肪分と高タンパク質が含まれているからである。

また、朝食の場合はロナウドはハムとチーズ、低脂肪ヨーグルトを好んで食べている。
そして、おやつにはアボカドトーストを食べている。

1回目の昼食はチキンとサラダ、2回目は魚、卵とオリーブのサラダを摂っている。夕食にも肉や魚を摂っており、時には2回に分けて食べているという。

食事以外にも睡眠にも気を配っているロナウド。34歳のストライカーは1日に8時間の睡眠を摂り、5回昼寝をするときもある。ジムでのトレーニングや水泳、ピラティスなどは合間合間に行っている。