レアル・マドリーはGKアンドリー・ルニンがレアル・オビエドにレンタル移籍したことを発表した。

ウクライナのGKは6月30日までオビエドでプレーする。

マドリーはレアル・バジャドリーで出場機会を得られなかったルニンのレンタルを解除し、オビエドへ再びレンタル移籍させることにした。

2018年にマドリーに移籍してから、これで3回目のレンタル移籍となった。

マドリーはオビエドでコンスタントに試合に出て、経験を得ることを望んでいる。