ローマの元キャプテン、フランチェスコ・トッティは水曜日、“銀河系”ことレアル・マドリーの選手と面会した際、彼は2001年に同クラブのオファーを拒否したことを明かした。

【1月26日(日)0時K.O. バレンシア対バルセロナ観戦会】
会場は新宿駅近スポーツバーのロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

トッティは、レアル・マドリー会長フロレンティーノ・ペレスが2000年代初期にオファーを受けたこと繰り返し認めている。だが、彼が育ったクラブであるローマへの愛やクラブのサポーターのため、永遠の伝説と化していたことから、オファーを拒否したという。

「私へのオファーは少し予想外だったが、正しい事実だ。今はもう受け入れているが、それも私の決断ではなかったために2年を必要とした。いずれにしても、私はあの決断を後悔していない。私がたとえ25歳の時に“銀河系”集団から呼ばれたとしても」と、トッティは『DAZN』のインタビューで語った。

「今でもレアル・マドリーのレベルを考えると、『あなたはクレイジーだ!世界で最高のチームをあきらめた!』と言われる。でも時には理屈ではなく、クレイジーでなければならないと思っている。いずれにしても、私は後悔していない」と彼は続けて話している。

トッティはローマで25年間過ごした後、2017年5月に引退。通算786試合出場と309得点を記録、2001年のリーグタイトル、2007年と2008年のイタリアカップ、2001年と2007年の2つのイタリアスーパーカップで勝利を飾った。

「ローマにいたから勝利は2倍嬉しかった。私が好きだったチームのシャツで25年間プレーできたからね」と彼はコメントしている。

引退後、ローマの元キャプテンは、ジェームズ・パロッタが議長を務めるアメリカの財産管理を共有していないことによる論争に別れを告げる前、クラブのマネージャーとして2年間働いていた。