シャルケ04にトディボが移籍したというニュースが流れた後、このフランス人選手はSNSを通じてバルサに別れを告げた。彼は2019年1月にトゥールーズから到着して以降、クラブで受けた治療に感謝を表した。

【1月26日(日)0時K.O. バレンシア対バルセロナ観戦会】
会場は新宿駅近スポーツバーのロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

「FCバルセロナの監督、コーチ陣、そして私たちのために毎日働くすべての人々に感謝している」とトディボはメッセージを最初に記し、バルサのジャケットを着た彼の画像を添えている。その次のメッセージにはトップチームのメンバーに対し、「私へのサポートとすべての感動に感謝!そしてソシオの皆さん、限りない励ましをありがとう!みんなありがとう!」とメッセージを送っていた。

2023年6月までFCバルセロナと契約しているトディボは、シャルケ04では今シーズンの終わりまでプレーする。ドイツのクラブはこの契約のため150万ユーロ(約1億8,000万円)を支払い、2,500万ユーロ(約31億円)のオプションと、成績に応じてさらに500万ユーロ(約6億円)を支払う可能性がある。バルサはこうして新たな買戻しオプションを確保したと言える。