ヴィッセル神戸のセルジ・サンペールは古巣であるFCバルセロナについて言及し、新監督キケ・セティエンが用いる3バックのシステムが選手達にどのような影響及ぼすのかをSPORTの独占インタビューで説明している。

【1月26日(日)0時K.O. バレンシア対バルセロナ観戦会】
会場は新宿駅近スポーツバーのロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

Q:ブスケツにとって3人のセンターバックに守ってもらうことはより良いことですか?(セティエンは3バックシステムを用いる)
サンペール:「もちろんそうだね。ブスケツは前線へプレスをかけてボールを多く奪うことが好きだ。もしチームが良いバランスでまとまっていることができれば、彼はより輝きを増すよ」

また、サンペールはセルジ・ロベルトをセンターバックにコンバートさせる可能性について次のように答えている。

「ないと思うよ。でも彼は全てのポジションをプレーしてきた。彼はどこのポジションでもプレーできる選手で、どのポジションでも上手くやる。ユースの時もそうだったよ。センターFWでプレーしたり、左サイドバックも務めてたよ」