マンチェスター・シティの監督ペップ・グアルディオラは、チームの最高の選手の一人であるダビド・シルバを称賛している。

【1月26日(日)0時K.O. バレンシア対バルセロナ観戦会】
会場は新宿駅近スポーツバーのロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

『Made in Gran Canaria』という題名のシルバに敬意を表した、シティのドキュメンタリー番組で、元バルサ指揮官のグアルディオラは34歳でシティでの最後のシーズンを迎えているシルバを称賛した。

「バルサで彼を指揮したかった。私はバルサにいた(シルバはバレンシアでプレー)時、『この男はなんてやつだ』と思い、彼をどのように連れてくるか悩んだよ。彼のキャリアが終わりに向かうに連れ、私たちは一緒に戦い、彼はとてもアクティブに動いてくれた」

グアルディオラはまた、彼のキャリアの歴史を通して、ダビド・シルバの素晴らしいパフォーマンスの鍵を説明した。

「これは彼がいかに生き残ってきたかという問題だ。足は速くなく、フィジカルも強くないけれど、より高いレベルでプレーしたければ、他の選手と違ったものがなくてはならない。良い選手にならなくてはいけない。彼はその良い選手なんだ」

最後に、ペップ・グアルディオラはダビド・シルバのプレミアリーグへの完璧な適応を分析した。

「常に太陽と天気の良いカナリア諸島出身のシルバが、どうしてこんな寒い場所でプレーできるのだろうか?偏見は常に間違った情報を与える。プレミアリーグの悪天候、プレー方法、体力、不快感、ハードさ、彼がこれほどうまく適応しているのは非常に驚くべきことだ」