国際スポーツ研究所(CIES)の調査によると、リヴァプールはヨーロッパで最もクリーンなクラブである。彼らが今季のプレミアリーグで侵した1試合平均あたりのファウル数は8.14回という数字が出ている。

【1月26日(日)0時K.O. バレンシア対バルセロナ観戦会】
会場は新宿駅近スポーツバーのロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

ユルゲン・クロップのチームは、ヨーロッパのフェアプレーキングであり、プレミアリーグの1試合あたりの平均ファウル数20.4回(1チーム10.2回)を大きく下回る。

FCバルセロナはこのランキングで54位に位置する。1ゲームあたり10.95回で、ラ・リーガではレバンテに次ぐリーグ2番目の好成績である。

リーガの1試合平均ファウル数は21.47回(1チーム平均10.73)となっている。
レアル・マドリーは1試合あたり12.63回のファウルを冒し、欧州全体で169位である。

CIESは、欧州大陸35リーグに属する約700チームによる調査を実施。各チームの1試合ごとの平均ファウル数を算出したデータを発表している。