ウスマン・デンベレにおけるフィンランドでの手術が無事成功した。このフランス人選手は手術室に入り、1週間前にFCバルセロナのトップチームでのトレーニングで苦しんだ、右脚の大腿二頭筋における近位腱の断裂の治療を受けたのだ。

手術の指揮した責任者であるラッセ・レンパイネン博士は、2年前に彼が左足に同じ負傷を抱えた際、手術を行ったサカリ・オラバのチームのメンバーである。クラブは彼の手術後、「デンベレは6ヶ月間の休みをとる」と発表した。

クラブの発表によると、「トップチームの選手ウスマン・デンベレは、ラッセ・レンパイネン博士による右太腿の近位腱の断裂の手術をトゥルク(フィンランド)で受け、成功に終わった。全治約6ヶ月と見込んでいる」

デンベレが2月3日のトレーニングから離脱しなければならなかったとき、一度彼は右大腿二頭筋の損傷から回復していた。しかしその後の検査により、右大腿の大腿二頭筋の近位腱における完全な断裂が確認された。

したがって、デンベレはシーズンの残りのすべてを失い、彼の回復期間さえも延長されると言われている。このフランス人選手は再びプレーすることなく半年が経ってしまうことから、セティエンは2020-2021シーズンのプレシーズンまで彼を当てにすることはできない。これでバルサは新たなFWにサインできるようになったのだ。




【バルサ戦観戦会3連発】
エイバル戦の申込
ナポリ戦
レアル・マドリー戦