デンベレは今シーズンもうプレーしないことがわかった。このフランス人は2月3日の練習で再び負傷し、今回それは決定的な怪我だった。セティエンは彼を暖かく待つと同時に「離脱することになるのは確実だ」とした。

今回の怪我は監督にとって、またクラブの首脳陣にとって大打撃となり、すぐに補強を探すことが義務付けられた。エリックアビダル率いるスポーツディレクターは今日の午前のトップチームの練習の後、キケ・セティエンと合流する予定だ。

この首脳会談で選ばれた選手の名前と確実な決断が早急にでることを期待している。考えとしては、センターFW、もしくはサイドハーフでもプレー可能な万能型FWというオプションにも価値を見出している。

セティエンは選手がポリバレントであることに高い評価をすることを明らかにしている。スポーツディレクターはスアレスの怪我によるセンターFW探しに集中することが目的であったため自身の一部の仕事を終えてはいるものの、緊急の作業に着手した。

スアレス、さらにはデンベレもいない状況、そして1月にカルレス・ペレスがクラブを去った後となればアベル・ルイスとマルケスがサインすることは確実。リストは広範に渡り、寛大な交渉と共に様々なオペレーションが進行中である。

クラブは一歩を踏み出すことができなかった。なぜなら冬の移籍市場が閉まった後に一人の新しい選手をチームに加入させるためにはラ・リーガの許可が必要になるからである。




【バルサ戦観戦会3連発】
エイバル戦申込はこちら!
ナポリ戦申込
クラシコ申込

■関連記事:安部とデンベレの手術 フィンランドの名医が続けて執刀

■関連記事:デンベレ獲得は失敗?! 2年半で63試合欠場

■関連記事:バルサBで必要不可欠な存在の安部裕葵 手術の可能性も...