アントワーヌ・グリーズマンは、FCバルセロナで彼の最高のバージョンをまだ示していない。それはあらゆるタイプの憶測を引き起こた。ここ最近で起こった1つは、ブラウグラナのロッカールームにいる重鎮たちが、彼をボイコットした出来事だ。これについては報道した仏紙が最終的に事実と異なると否定している。

彼をよく知っている人といえば、彼が18歳でレアル・ソシエダにてデビューした時の監督、マルティン・ラサルテだ。

CHHチュリ・ウルディンをトップカテゴリーに復帰させたウルグアイ人監督は、『Esports Cope』のインタビューで「アントワーヌが悲しんでいるように見える」と言っているが、チームのスターであるメッシのエゴによる問題とは考えていない。

「彼がチームで最高ではないからだとは思わない。彼は誰が最高であるかを非常に明確にしているからだ」とグリーズマンがメッシに抱いている賞賛には疑いはないと、ラサルテは言い、「彼はメッシと同じチームでプレーする夢を叶えた」と教え子に祝福を表した。

ラサルテは、グリーズマンの調子によってサッカーの問題が生じているだけだと感じている。
「アントワーヌは非常に知的で、彼が悲しんでいるのは、物事が望みどおりに進まないからだと思う」

この意味で、このウルグアイ人監督は、同胞のルイス・スアレスの負傷が適応を妨いだと考えている。
「ルイス・スアレスの負傷前のゲームでは、3人全員が一緒にプレーすることで少し前向きな気持ちがあった。そのすべてが、ルイス・スアレスの負傷で終わったのだ。チームのチャンスでも役に立たず、アントワーヌは試合で立ち往生している」

ラサルテにとって最も心配なことは、「最近の試合で彼が交代されたが、何も反応していないように見えた」ことだという。しかし、この監督は「彼の適応力には納得している。なぜなら、彼は近年最も重要な選手の一人だから」と発言を締めくくった。


【バルサ戦観戦会3連発】
エイバル戦の申込
ナポリ戦
レアル・マドリー戦