C・ロナウドがマラガCFのシャツを着ている姿を想像できるだろうか?

その可能性はそう遠くない話である。『ElDesmarque Malaga』によると、21世紀初めにマラガでSDを務めたカルロス・リンコンは、ユヴェントスのスターを200万ユーロ(約2億4,000万円)で獲得しようとしていたことを告白したという。

「それは非常に簡単だった。我々はビックな選手を前に、新たな選手を獲得しなければならなかったので、チームにヨーロッパ、アメリカ、南アフリカのトーナメントを訪問させていた」

そこから、クラブのメンバーは、「トーナメントにおける最高の3選手」の電話番号を取得し、試合が終了するとすぐに電話をかけたという。

その判断に誤りがないように、また彼らの目で見たものと比べるために、彼らはアヤックスような他のチームによって送られた他の代理人に尋ねるのに徹底した。そして、彼らはクリスティアーノのすべてを気に入っていたという。

当時、“ビチョ”ことハビエル・フェルナンデス・アブルーネドはすでにカンテラで際立っていた。

「それは今もそうだが、若者として素晴らしかった。壮大でかつ直感的、技術的なボールさばきを備えており、体力のある非常に重要な選手だ」

また、代表選手であるホルヘ・メンデスはサインを許可せず、その意思を変えることはなかった。

マラガはスポルティング・デ・ポルトガルに150万ユーロ(約1億8,000万円)を渡したが、メンデスは350万ユーロ(約4億円)を求めたという。

「その金額に達することができなかったため、交渉を進めることができなかった」

数か月後、ファーガソンはマンチェスター・ユナイテッド対スポルティングの親善試合で、現在のポルトガル人スターに惚れた。
「レッドデビル」が当時ポルトガルのクラブに1,800万ユーロ(約21億円)を与えたことは、すでに歴史となっている。


【バルサ戦観戦会3連発】
エイバル戦の申込
ナポリ戦
レアル・マドリー戦