ラウタロ・マルティネスは、世界のサッカーの最先端を行く存在になっている。彼のインテル・ミランでの優れたパフォーマンスは、22歳という年齢も相まって、多くの主要クラブが署名に興味を持っている。

ラウタロの獲得に最も近いのは、レアル・マドリーかもしれない。エル・ブランコは今年の夏に1億2,000万ユーロ(約143億円)の契約解除金を支払うことを真剣に検討している。

他にもFCバルセロナらとリンクされているラウタロ・マルティネス。今夏に新たな動きがあることは明らかである。

バルサはルイス・スアレスの後継人を探しているため、スポーツ面の期待は大きい。入札に参加する場合、アルゼンチン代表チームのパートナーであるレオ・メッシが仲介役を務めるだろう。

いずれにせよ、ラウタロは欧州のサッカーを賑わせる存在と化している。1億2,000万ユーロの契約が完了すると、アルゼンチンのサッカー選手として最も高額な移籍となる。


【バルサ戦観戦会3連発】
エイバル戦の申込締切:2月22日(金)17時まで
ナポリ戦:24日(月・祝)23時59分まで
レアル・マドリー戦:29日(土)17時まで